上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ももちゃんは花粉症なので窓は開けてはいけないのでしょうが

掃除機かけたり・・・1回は換気をしたい・・・・

特にお天気の良い日は・・・で、今日は開けました

ももちゃんはすぐに戻ってきました

2009052002.jpg
凛太郎、目つき悪い・・・・

2009052003.jpg

外の探検が終わると3匹は寝室ののベッド周りで・・・くつろぐ・・・

2009052005.jpg
ももちゃんは、朝日を浴びて・・・暑くないのかな~?

2009052006.jpg
このあと、病院でもらった点鼻点眼薬を鼻と目に塗ってあげました

2009052004.jpg
ラムちゃんは、もうちょっとお外に居たかったみたい


2009052001.jpg

こうやって少しずつラムちゃんに近づいて・・・・
そのうち取っ組み合いになるのです

この凛太郎の動きがとてもおもしろくて・・・ププ




今日、夕方帰宅すると、お向かいの家の角の所に高校生の群れ・・
メッチャ嫌な予感が・・・・・
「どうしたの?」
「子猫が泣いているんです~」

そこは、側溝の枡になっていてそこから道路の下に土管が・・・
その土管の中に入っている・・
人間は中を覗くことができない狭さ・・・
手を伸ばして土管の入り口に、ドライやにおいの強い焼かつお
チビタが残していった粉ミルクを溶いて置いてみるも
中から声はするけど出てきてくれません

そのうちに近所の方が出てきて、午後2時ごろから泣いていたと・・・
高校生は親猫のような猫を見たという
暗くなってきたしご近所の方と、母猫がいるのなら咥えて出してくれる
人が集まっていると助けにこれないから・・・
それにラムちゃんを保護した時は泣き声が聞こえて3日目の朝保護した
すぐに死んだりはしないからと言って高校生を帰した

しかし、そこは駅に近いし高校生も通るし電車を降りて歩いて帰る人が・・・

凛太郎が脱走した時もその土管の中にいたと私は思っている
わかっていてもどうすることもできなかった
餌で釣ろうとしても無理で・・
あの時は、トイレの砂を土管のあたりから玄関までまいて・・・
翌朝戻ってきてくれた

夜中に親猫が救出してくれたら良いのですが・・・

わぁ~~~ん、声がしているのに助けられない・・・




Secret

TrackBackURL
→http://ramurinmomo.blog40.fc2.com/tb.php/10-74ebe1a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。