上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ももちゃんのこれから・・・・・

ももちゃんの血液検査の結果をひっぱりだすと、2年前の9月の時点で

BUNもCREも基準値大幅オーバーしています(BUN44.5 CRE2.8)

2年近く、多少の増減はあるものの、維持できているのではと思われます

今までは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずっと以前に、お邪魔したブログに今年になってから再度お邪魔し

ゆっくりと読ませて頂くと、ももちゃんの治療法と良く似た治療をされている

その先生曰く、リンが基準値をオーバーしていないから皮下輸液は

まだしなくて大丈夫と・・・・・・・・・・・・・・

ももちゃんも、リンは基準値内を維持しています

そのブログの子は2年間点滴なしで維持しました・・・・

ももちゃんもやがて2年・・・・ウウウ・・・・限界近いか・・・・?

20090719-3.jpg
ほっといてくれない

でもその方は、通院のストレスから解放されよかったと・・・・

チビタが肝リピドーシスで毎日点滴に通った時

病院から帰ると引きこもりぐったりと・・・

翌日、やっと輸液も吸収され楽になってきたようだと思っても

また点滴に病院へ・・・・

かわいそうで仕方なかった

そう思うと、今まで点滴無しでこれたのは、ももにもよかったのではと・・・・・

セオリー通りにいけば、ももの数値であれば輸液をするのが当たり前

でも、ももちゃん、多飲多尿も貧血もない

ただ体重減少・・・・これが問題

チビタにかかりっきりで、この子のご飯の量がよくわからない

もともと凄く少食だったのか・・・・?

ほんとに食べる量が少ない・・・・焦ります・・・・・

20090719-4.jpg
私は私・・・、ほっといて頂戴

まだ先生が皮下輸液は必要ないと判断されているので、

このままでいこうと思います

ひょっとしたら、半年後とか・・・うんと悪くなっているかもしれない・・

でも、2年近く頑張ってきたのだから、ももちゃんには、いまは・・・・

おいしいを一番に考えてあげたいと!

そう、おいしいものを食べて残りの猫生を過ごさせてあげたいと・・・

生肉はタンパク質の取り過ぎとか言われますが

今、ももちゃんが一番喜んで食べてくれるのです

いろいろフードも試していますよ~

アニモンダや、カントリーロードのLow-Pなど・・・

どれも食べてくれません おいしくないみたい・・・・


太く短く ももちゃんは細く長くは無理かも

だったら、おいしいものを食べさせてあげて、できるかぎりストレスを(これが難しい)

軽減してあげることに全力投球してあげようと思います



治療方針はどう選ぼうと何を選ぼうと、正解です

飼い主が悩んで選んだ方法はすべて正解ですと

先生が、チビタの時におっしゃって下さってすごく楽になりました


まわりと同じ治療法でないと、すごく不安になったり、

何故うちの子にはその治療法ができないのかとか思ったりしますが・・・

今日で、そういった気持ちと決別します^^;

私は私、ももはもも、二人でどうしたら良いのか

これから話し合って毎日を過ごして行こうと思います

(聞く耳持たないというのではありません、情報に振り回されないでいたいと)




今日の凛太郎とラムです^^

20090719-1.jpg
耳がラムの気配をうかがっています


20090719-2.jpg
ラムちゃん、保護色というか・・・・

全員の太ももの筋肉の付き具合をチェックしてみたら・・・・・

ラムちゃんが1番でした~、意外と凛太郎少なかった・・思ったよりね!

悲しいことにももちゃんの太ももは筋肉がすっかり落ちています

削痩・・・・恐いいです




今日はチビタの月命日です
花屋さんがお休みだったので花もありませんが・・・
今、相方が少しずつチビタのお墓の準備をしています
ずっとお骨を持っていたい気もしますが、
土に還してあげないといけないのでしょうねぇ~
もうちょっとだけ、一緒に居させてくださいね、チビタ・・・・
絵文字名を入力してください









Secret

TrackBackURL
→http://ramurinmomo.blog40.fc2.com/tb.php/39-5f74a3a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。