上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.28 最後の時
コメントを頂いた皆様へ

温かいお言葉、本当にありがとうございました

個別のレスは落ち着いたらさせて頂きたいと思います

今、書きとめておきたいことがあるので
記事を書くことを優先させてくださいね




寝たきりになると死後硬直のように手足は固くなって
時々身体の位置を(上下)変えてあげるのですが
まるで板の上下を変えているような感じです

チビタの経験から、もう長くはないと思ったので
寝たきりになっったら何もしないでおこうと
皮下輸液も止めました
脱水が酷くなることは十分わかった上で・・・
自然死とは脱水死だと、どこかで読んだ記憶があって・・・
長引かせるのは、余計に苦しいだけだと思ったから
物凄く勇気がいりました
常にこれで良いのか、間違ってはいないのかと葛藤がありました


ももちゃんが、私が肉球を押すと、ぎゅっと握り返してくれて
これができなくなったら、近いなと感じていました
27日の夕方、5時半に帰って肉球を触ってみたけど
もう握り返してくれませんでした
近いと感じ、6時半まで、ももの腕と首の間の動きを見つめていました
いつ止まるかと見ていると胃がキリキリ痛み出す
だめだぁ~で、他の子のご飯をあげに部屋を出ました
胃の痛みが吹っ飛ぶようなことがあったのですが
そのことはまた別の機会に書きます

ご飯がすんで、またももの所へ
意識が戻ってこないので、手をさすったり
呼びかけたりしていると戻ってきました
「うぅ~~~ん」と甘えたような声を発してくれました
悪くなってから、全く返事をしてくれなかったので
一瞬、やった~と思いましたが・・・・
最後のお別れの声なのかもと悲しくなりました

脱水が激しくて、身体が乾ききってなのか?
ピチャピチャ・ゴックンというようなお水を飲むような
仕草をやっていました
また意識は薄らいでいたようで、
シリンジで少し入れてあげようかと思いましたが
無意識の状態では危ないかなと止めました
(前日のお昼にはシリンジで少し飲めました)

7時50分まで側で見ていましたが変化はなく
夕食の準備に部屋を出ました
8時20分、相方が帰宅して、ももが息ができなくて苦しそうだと!
慌てて見に行くと、口呼吸ではないし
ピチャピチャ・ゴックンのゴックンだけで
痙攣がはじまったのかと思いました

急いで食事を済ませ、片付けは相方に頼んでももの所へ
その時には、口を開け舌まででて、しゃっくりの大きいのみたい
身体を動かして、見た目には大変苦しそうで怖かった
痙攣は意識が無い状態なので、本人は苦しくないからと
どこかで読んだ記憶があり(曖昧です)

チビタのように、一瞬大きな痙攣で口を開けバタンと倒れてというのではなく
かなり長いこと続いていて、悲鳴のような一声が出て、ほんとに怖かった
呼吸はもう止まっているのに、痙攣は続いていて・・・・

小さい痙攣からだんだんと大きくなっていって・・・・
この間、1時間・・・ほんとに苦しくなかったのだろうか?


ももは、人間にしたら90歳くらい
自分が90歳で余命いくばくになったら
チューブに繋がれるより、自然に任せてと思っていたけど
これは、看取る者が苦しいとわかりました
ももの闘病を通して、いろいろ考えさせられます

本日、火葬を済ませました
骨になっても、かわいそうにももちゃんは隔離です
長毛2匹のいたずらっ子に、お花やお供え物を無茶苦茶にされそうで
姉たちが、お花を持って尋ねてくれましたが
お花の包装をかじろうとする麻呂、
花にチョイチョイしたいねね、困ったものです^^;

お水をたっぷりとお供えしました

皮下輸液は、最後までやるべきだったのか・・・・
これで良かったのか・・・自問自答は続くと思います


もも 001 20111127
若かりし日のももちゃん、美しい~




Secret

TrackBackURL
→http://ramurinmomo.blog40.fc2.com/tb.php/515-1f197490

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。