上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凛太郎さんの内視鏡検査は無事に終わりました
夕方、迎えに行ってビデオを見せてもらいましたが
食道・胃・十二指腸すべてきれいなものでした
胃と十二指腸で細胞を少し採取したので
病理の結果待ちです

痩せてもいないし(太りすぎでエコーが見にくい)
元気もあるし、腫瘍とかは私も無いだろうと思っていました
検査前の血液検査でも、ほとんど異常なし
クレアチニンが基準値1.6をオーバーの1.7でした
(以前のかかりつけ先生だと誤差の範囲です)
なので、明日は休診日ですが、時間指定で再度Creの検査をします
悪化していたら皮下輸液をします

血液検査の結果を見ると、問題のない嘔吐になるのか・・・?
病理の結果を待たないとなんともいえませんが
何も見つからなければ、食物アレルギーも考えないと
胃の中のものがすんなり流れていくお薬もあるようで
そういうもので様子を見たり・・

私の中ではIBDの疑いがあったので
除外診断の一つとして膵炎の外注検査もやりましょうで
これも検査結果待ちです

IBDは、大変な病気ですね・・・・
除外診断を全てやっていたら・・・・・諭吉さんが何枚要る事や(涙)


20120403-1r.jpg

帰宅後、トイレに何度も入り
ウロウロして・・・・胃液の嘔吐をしました
嘔吐後、少しごはんを食べました

猫って・・・泣くんですかね?

帰宅してみると目の周りが濡れているのです
黒目は大きくなったまままだ戻りません
涙ぐんでいる目がかわいそうで
拭いてあげるとゴロゴロ喉を鳴らしていました
入院室でオシッコをして少し汚れたので
スタッフの方が拭いてあげようとすると怒ったので
拭くことができませんでしたと・・・
そのせいか帰ってから尻尾のあたりを気にして舐めています

今は丸くなって良く眠っています




第一世代の猫たち
ごま・もも・チビタ
この3匹は、ほんとによく吐いていたので
こんなものかと思っていました
9キロ超えのチビタは嘔吐で体重が1キロ減っても
ダイエットできたと先生からよかったね!と・・・

でも、ラムや麻呂が生まれてこのかた
何回吐いただろう・・・
ほとんど記憶が無いほど吐かない
凛太郎の嘔吐が怖いものではないと思えるには
ある程度の除外診断はやっておかないと・・・



Secret

TrackBackURL
→http://ramurinmomo.blog40.fc2.com/tb.php/541-4ed99ec7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。